ワイルド・スワン

ワイルド・スワン

十五歳で著者の祖母は軍閥将軍の妾になる。中国全土で軍閥が勢力をぶつけあう一九二四年のことであった。続く満州国の成立。直前に生まれた母は、新しい支配者日本の過酷な占領政策を体験する。戦後、夫とともに共産党で昇進する母。そして中華人民共和国の成立後、反革命鎮圧運動の只中で著者は誕生する。

この本を推している有名人

リチャード・ブランソン

リチャード・ブランソン

イギリスの実業家。コングロマリット、ヴァージン・グループの創設者で会長を務める

ヒラリー・クリントン

ヒラリー・クリントン

アメリカ合衆国の政治家・弁護士。バラク・オバマ政権にて第67代アメリカ合衆国国務長官・その後は上院議員を歴任。