水曜の朝、午前三時

水曜の朝、午前三時

「もしかしたら有り得たかもしれない、もう一つの人生、そのことを考えなかった日は一日もありませんでした」――45歳の若さで逝った、知的で魅力的な翻訳家で詩人の直美。彼女が娘のために遺したテープには、1970年の大阪万博で働いていた23歳の直美と、将来が有望視されていたエリート学生・臼井との切ない恋とその後が語られていた。恋の痛みと人生の重みを描く、大人のラブストーリー。
解説=「宝探し」がしたくなる小説 尾崎将也(脚本家)

この本を推している有名人

平野ノラ

平野ノラ

お笑いタレント