がん免疫療法の突破口

がん免疫療法の突破口

2018年ノーベル医学・生理学賞は、J・アリソン/本庶佑の「免疫チェックポイント阻害剤によるがん治療法を切り開いた」功績に対し与えられた。しかし、この業績がなしとげられるには壮絶な前史があった……ペニシリンの発見にも喩えられ、ゴールドラッシュ並みの活況を呈することになる医学上の「ブレイクスルー」をめぐる、知と感動が横溢する傑作医科学ノンフィクション。

この本を推している有名人

ビノッド・コースラ

ビノッド・コースラ

インド・プネー生まれのベンチャーキャピタリスト

キース・ラボイス

キース・ラボイス

投資家