オーメン

オーメン

六の月、六の日、六の時刻―待望の初子が死産だったことを妻に告げず、同じ時刻に生を受けたみなしごを養子に迎えた米国大使。その子「デミアン」こそ、黙示録に予言されていた悪魔であった。ホラー映画の金字塔『オーメン』(七六年)の脚本家が自ら執筆したベストセラー小説。

この本を推している有名人

クエンティン・タランティーノ

クエンティン・タランティーノ

アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、俳優