君のためなら千回でも

君のためなら千回でも

「君のためなら千回でも!」召使いの息子ハッサンはわたしにこう叫び、落ちてゆく凧を追った。同じ乳母の乳を飲み、一緒に育ったハッサン。知恵と勇気にあふれ、頼りになる最良の友。しかし十二歳の冬の凧合戦の日、臆病者のわたしはハッサンを裏切り、友の人生を破壊した。許されざる仕打ちだった。だが二十六年を経て、一本の電話がわたしを償いの旅へと導くーー。

この本を推している有名人

カマラ・ハリス

カマラ・ハリス

アメリカ合衆国の政治家。初の女性・アフリカ系・アジア系の副大統領となる。

マララ・ユスフザイ

マララ・ユスフザイ

フェミニスト・人権運動家