ブラッド・メリディアン

ブラッド・メリディアン

19世紀半ばのアメリカ。14歳で家出した少年は、各地を放浪した末にグラントン大尉の率いるインディアン討伐隊に加わった。彼はそこで隊の一員である異形の大男、ホールデン判事を知る。戦争は神だーにこやかにそう述べる判事とともに、一行は荒野をわたり、暴虐の限りをつくす旅をつづけるが。美しく情け容赦のない世界とそこで生きる人々の生と死を冷徹な筆致で描き上げた、マッカーシー初期の代表作。

この本を推している有名人

カズオ・イシグロ

カズオ・イシグロ

イギリスの小説家

スティーヴン・キング

スティーヴン・キング

アメリカのモダン・ホラー小説家