376冊から集計!100人以上の起業家がオススメした書籍TOP10

376冊から集計!100人以上の起業家がオススメした書籍TOP10

ビル・ゲイツ、堀江貴文、西野亮廣など100人以上の起業家が過去におすすめした本376冊以上を集計し、最も推薦された書籍10選をランキングにまとめました!

1位 「サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福」

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福

"なぜ我々はこのような世界に生きているのか? ホモ・サピエンスの歴史を俯瞰することで 現代世界を鋭く抉る世界的ベストセラー!"

おすすめしている有名人のコメント

ビル・ゲイツ

I would recommend this book to anyone interested in a fun, engaging look at early human history. source

山田 進太郎

人類史を違った視点から描いているのが非常に知的好奇心を刺激され、大変勉強になる一冊です。かなり長いですが、夢中で読み進めました。 source

2位 「HARD THINGS」

HARD THINGS

強力ライバルからの反撃、会社売却、起業、急成長、資金ショート、無理な上場、出張中に妻が呼吸停止、バブル破裂、株価急落、最大顧客の倒産、売上9割を占める顧客の解約危機、3度のレイオフ、上場廃止の危機ー。壮絶すぎる実体験を通して著者が得た教訓は、あらゆる困難(ハード・シングス)、に立ち向かう人に知恵と勇を与える。シリコンバレーのスター経営者に慕われる最強投資家からのアドバイス。

おすすめしている有名人のコメント

ラリー・ペイジ

本書は、意志の力だけで会社を破滅の淵から救えるという証言 source

マーク・ザッカーバーグ

偉大な会社をつくり、育て、運営したいすべての人に、信じられないほど価値ある本 source

3位 「イノベーションのジレンマ」

イノベーションのジレンマ

"「偉大な企業はすべてを正しく行うが故に失敗する」 業界トップ企業が、顧客の意見に耳を傾け、新技術に投資しても、なお技術や市場構造の破壊的変化に直面した際、市場のリーダーシップを失ってしまう現象に対し、初めて明確な解を与えたのが本書である。 著者、クリステンセン教授が掲げた「破壊的イノベーションの法則」は、その俄に信じがたい内容にも関わらず、動かしがたいほどに明晰な事例分析により、米国ビジネスマンの間に一大ムーブメントを引き起こした。 "

おすすめしている有名人のコメント

ジェフ・ベゾス

An enormously influential business book whose principles Amazon acted on and that facilitated the creation of the Kindle and AWS source

森川 亮

大企業で合理的な判断を積み重ねると、発展に必要だったはずのイノベーション自体が足かせになり、追い詰められるケースが生じかねない。そんな「破壊的イノベーション」を検証した一冊。ホンダが進出した北米市場やインテルが支配したマイクロプロセッサ市場など、事例を挙げながら解決策を探る。 source

4位 「ゼロ・トゥ・ワン」

ゼロ・トゥ・ワン

"空飛ぶ車が欲しかったのに、 手にしたのは140 文字だ 「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、 ただの140 文字や“永遠の15 分"" を超えた未来について考えなければならない。 ZERO to ONE はシリコンバレーを教科書に、 難題を克服してこれまで存在し得なかった偉大な物事を築きあげるための本だ」 by Peter Thiel"

おすすめしている有名人のコメント

イーロン・マスク

Peter Thiel has built multiple breakthrough companies, and Zero to One shows how. source

けんすう

ペイパル創業者でペイパルマフィアのドンと呼ばれているピーター・ティールの本を読むと、「ニッチを独占しろ」みたいなことが書いてあって、勉強になります。 source

5位 「プリンシプルズ」

プリンシプルズ

大成功に導いた「人生と仕事の原則」。世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツ創業者が独自の哲学をすべて明かす。

おすすめしている有名人のコメント

マーク・キューバン

principles is the book i wish i had as a young entrepreneur source

ビル・ゲイツ

ray dalio has provided me with invaluable guidance source

6位 「反脆弱性」

反脆弱性

経済、金融から、人生、そして愛まで―。この世界で私たちがいかに生きるべきか、すべてに使える思考のものさし「脆弱/頑健/反脆弱」をもとに解き明かす。

おすすめしている有名人のコメント

金山 裕樹

ここ最近読んだ本の中で一番面白い!まさに考え方、ですね source

山田 進太郎

事例を様々な分野から選んできて反脆弱性という観点から論じるというのが本書の流れになっており、世の中の捉え直すのに極めて役に立つ本だと思います。 source

7位 「HIGH OUTPUT MANAGEMENT」

HIGH OUTPUT MANAGEMENT

アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、マネジャーが最も注力すべき仕事はなにか、タイムマネジメントの方法、 意思決定のときにしてはいけないこととは、ミーティングはどう進めるべきか、 1対1の面談(ワン・オン・ワン)ではなにを話すのか、 人事評価はどう判断すべきか――。 マネジャーなら誰もが悩むことに答えてくれる、実践的で役に立つアンディ・グローブのアドバイスが満載の経営書である。

おすすめしている有名人のコメント

マーク・ザッカーバーグ

僕の経営スタイルの形成に、本書は大きな役割を果たした source

山田 進太郎

昔の本で広範囲の経営の話を扱っていながら、ほぼ色褪せておらず、今でも使える内容ばかりで、非常に勉強になり感銘を受けました。やはりこれくらいの経営哲学を持てるようになりたい。インテルがあそこまで大成功したのも納得でした。 source

8位 「ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則」

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

95年刊のベストセラー「ビジョナリーカンパニー」の著者による、徹底的なデータ分析に裏付けられた超優良企業の条件。「どうすればグッド・カンパニーはグレート・カンパニーになれるのか」という問いを追求する。

おすすめしている有名人のコメント

森川 亮

読んでから採用するようになったのは、会社を愛してくれる人。社畜的な意味ではなく、会社のビジョンや価値観に心から共感してくれる人を採用することにしました。 source

麻野 耕司

ベタすぎるけど、「ビジョナリーカンパニー」。「時を告げるのではなく、時計をつくる」「カルトのような文化」「誰をバスに乗せるか」など、金言いっぱい。 source

9位 「ホモ・デウス」

ホモ・デウス

我々は不死と幸福、神性を目指し、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来。

おすすめしている有名人のコメント

森川 亮

それこそが人間の次の進化というような方向が見えてきて今後の人間や地球、そして宇宙の可能性が楽しみにでもありつつ、格差社会に不安も感じました。 未来を見たい方にお薦めの本です。 source

高橋 祥子

ユヴァル・ノア・ハラリ著『ホモ・デウス』はお薦め。 source

10位 「嫌われる勇気」

嫌われる勇気

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

おすすめしている有名人のコメント

堀江 貴文

本当に読んでみてビックリした。これまで私の考え方を先人が肯定してくれてて嬉しくなった。仲間ができた気分だ。本自体もものすごくさらっと読める。古賀さんはいま一番注目のライターさんです! source

西野 亮廣

『嫌われる勇気』をちょっと読んだ。 面白かった! source

他の記事

194冊から集計!30人以上の投資家がオススメした書籍TOP10

194冊から集計!30人以上の投資家がオススメした書籍TOP10

ウォーレン・バフェット、ピーター・ティール、ジム・ロジャーズなど30人以上の投資家が過去におすすめした本194冊以上を集計し、最も推薦された書籍10選をランキングにまとめました!